LO (エルオー) 2010年 06月号 [雑誌]

| トラックバック(0)

LO (エルオー) 2010年 06月号 [雑誌]LO (エルオー) 2010年 06月号 [雑誌]

茜新社 刊
発売日 2010-04-21




ハッとさせられます。 2010-04-22
いつも思うのですが、LOと言う雑誌は「人への愛」が根底に流れているのでしょう。
少女への欲情、特に支配欲等は確かに下劣かも知れませんが、欲望と人道は矛盾しないと思います。
自らの下劣さを受け入れ、楽しみ、その悲しさ自体が間違い無く人間の一部である事実を悲観や単なる諦観では無く哲学として愛せるかどうかを、LOのノスタルジックな表紙は問うて来ます。

"中身の女の子達でいくら楽しんでも悪くは無い、エロはエロとして愛しつつ、実存としての世界を「守るべきもの」として敬い生きよう"

と言う極めて前向きで理性的な愛情を人々に示しているからこそ、純愛だけで無く鬼畜まで揃うLOは、ここまで読者からの「信頼」を勝ち得て来れたんだろうと思います。
昨今の流れを見るに廃刊も有り得ますが、読者としての贔屓目を抜きに、無くなるべきで無い雑誌であると思います。
才気ある作家陣、表紙のタカミチ氏、覚悟ある編集者の皆さんがこれからも活躍できる世の中であって欲しいです。

追記

LOの表紙は、絵の平面世界に奥行きや想像を与えるキャッチコピーも素晴らしいです。
当たり前の風景の中に立つ少女らは当たり前に日常として在り、つまり僕らと同じく何処かで営み生きていて、全ての人間は仕事や気まぐれや何て事の無い善意や都合や感情で繋がり合ってる。
単なる一枚の絵や映像・虚像としてで無く、男も女も大人も子供も意思と理由を持つ重さある存在なんだと気づかせてくれます。
仮に下賎でも、僕らも世界と繋がってると。
白い米も泥んこから出来るのは、当たり前は当たり前じゃ無いって事ですね。
当たり前じゃ無い事を当たり前にしてくれてる全ての人に幸せな敬意を。
この雑誌も間違い無く、当たり前じゃ無い当たり前の幸せなのだと思います。


さらに詳しい情報はコチラ★


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ebookss.cs.land.to/x/mt-tb.cgi/326

工務店・一戸建て・不動産なら自然素材の家づくり

心も体もやすらぐ家づくり。一戸建て・工務店・不動産をお探しなら、スペシャルハウスでオリジナルの家づくり。自然素材の家(一戸建て・注文住宅)は、住む人の心と身体を癒し、深いやすらぎを与えます。

QLOOKアクセス解析